不動産仲介手数料が割引される3つのパターン

売買物件の不動産仲介手数料の上限金額は、400万円超の売却価格の物件にて、(売却価格×3%+6万円)×1.10(消費税)にて算出されます。例えば1億円の売却価格の物件では、3,366,000円が仲介手数料の上限額です。
※2019年10月1日以降の消費税率10%を採用しています

不動産仲介手数料は、不動産業者の収入源となることから、上限額を請求するケースがほとんどです。ただし中には、仲介手数料を半額または無料とする不動産業者も存在します。ここでは、不動産仲介手数料が割引される3つのパターンを紹介します。

1.仲介手数料が半額または無料の不動産業者を探す

仲介手数料の値下げ交渉をすることなく、はじめから仲介手数料を半額または無料に設定している不動産業者も見受けられます。不動産ポータルサイトや自社サイトのみの広告活動に絞ることなど、広告費用を企業努力で抑制していることがその理由です。

ただし、仲介手数料が半額や無料=良い業者とは限りません。きちんとした物件の広告活動をしてくれることが第一条件ということを忘れないでください。

2.勤務先と提携している不動産業者を選ぶ

会社員の方の場合、不動産業者が勤務先と提携していることも考えられます。その際、仲介手数料の社員割引が適用される可能性もあるでしょう。

3.友人や知人の勤務または経営をしている不動産業者に相談する

友人や知人が勤めていたり、経営をしている不動産業者に相談することで、仲介手数料を割引してもらえるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です