不動産仲介手数料の内訳

売買物件の不動産仲介手数料は、売買契約が成立した時点で発生する成功報酬型です。そのため、売買契約が締結されなければ、仲介手数料そのものが存在しません。ここでは、不動産仲介手数料の内訳について解説していきます。

仲介手数料の内訳

仲介手数料は、基本的には物件情報の広告費用に充てられます。物件情報は、以下の媒体にて紹介されることになります。

・新聞の折込チラシ
・近隣へのポスティング
・不動産業者の事務所(店舗)
・不動産ポータルサイト
・レインズ

新聞の折込チラシ

物件情報を印刷して、新聞の折込チラシとして配布するパターンです。

近隣へのポスティング

物件情報を印刷したものを、物件の近隣の住宅のポストに入れていくことで、物件に興味を持つ人を探すやり方です。ポスティング専門のアルバイトを雇用するケースがあります。

不動産業者の事務所(店舗)

不動産業者の事務所や店舗の窓などに、物件情報を貼ってアピールするやり方です。店内で閲覧できる資料にまとめたり、購入してくれそうな顧客に電話などで紹介するケースもあります。

不動産ポータルサイト

インターネットの不動産ポータルサイトに、物件情報を掲載してもらうように依頼します。

レインズ(REINS)

レインズ(Real Estate Information Network System)に物件情報を登録することで、他の不動産業者より買主の候補を紹介してもらえる可能性があります。専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を結んだ不動産業者には、レインズへの登録が義務付けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です