事故物件について

事故物件とは、一般的には過去に殺人事件や自殺があった不動産物件という認識があるかもしれませんが、実際には他の理由によるものもあります。

心理的瑕疵(かし)

心理的瑕疵(かし)とは、前述した過去に殺人事件や自殺があった物件というのが代表的ですが、他にも近くに暴力団関係者が住んでいるとか、暴力団の事務所があることや、狂信的な宗教団体が近隣にあるというのも含まれます。

他にも、清掃施設などから漂うゴミの臭いが気になる場合や、火葬場や墓地が近所にあったり、過去に孤独死や病死があった物件も当てはまるケースがあります。

物理的瑕疵

物理的瑕疵とは、過去に火災や地震や台風などの災害に遭った物件や、シロアリなどの害虫が棲みついてる物件などが該当します。その他にも、いわゆる雨漏りや床に傾斜があるような欠陥住宅と呼ばれるタイプの物件や、風呂やトイレやキッチンなどの設備に不備や不具合がある物件も当てはまります。

ただし、売買契約や賃貸契約の時点で実施される重要事項説明にて、重要事項説明書と同時に提示される付帯設備表や物件情報等報告書に設備箇所の不備や不具合があらかじめ記載されている場合には、買主や借主が納得して契約したことになるため、物理的瑕疵には該当しません。

建築基準法と都市計画法

事故物件の中には、建築基準法や都市計画法によって再建築ができない物件も含まれます。建物を建てた時点では合法であった物件も、その後の法律の改正で建て替えの際に違法建築となるケースもあります。

参考サイト:【事故物件買取の110番】高価で仲介手数料無料の売却サイト